ロンダニーニのピエタ像 左右側面写真 ミケランジェロの未完成の遺作

単身健常ですが「扶養親族等申告書」 年金支払者(日本年金機構等)からそろそろ届く(159.5万以上)頃だと思うのですが9/30時点到着(単身者は遅いのだろう、それにしても・・在る者の悪意?。毎年送付しています 令和2年から税制が改正して私は不要に・)・・・9/18以降順次送付
「税金を多く払わせるんだ、税収入が増え国益に合致するじゃないか」と耳に?住所不定無職税金も払わない・・生きていけないんだ、当然だ 自由だ放置が一番・・、犯罪をシナケレバ生きていけない人・野生動物は生きる資格が無い・・「どんな仕事でもします」と懇願するまでに追い詰めなければ周りの人は甘すぎる・・ 社会の成り立ち仕組みの基本を知らない連中には・隣室305居座り住所不定無職・前読売新聞関係者?

犯罪をでっち上げイイガカリ、「防犯」の大義をかざして、 私を誹謗中傷する「防犯活動推進の読売新聞社防犯協力会」・・・更に、クレジットカードの暗証番号を盗聴、吹聴して・・郵便局で、「番号を変えろよ」と尾行者の声が 「番号を変えれば済む事だ」と・・私の生活を邪魔破壊・・・・”社会状況、健康、年齢”等により仕事が出来なくなる事態になっても”生活に困らない”ようにどの様に準備、・・・無知無定見な人にはそれが理解が出来なく、「準備をしてい生活に困らない人」に暴力をふるう 

年金加入期間:(厚年33)+共済15+[厚年295+国年133+国年任意37]=(共済合計513)498月
 共通基礎年金480月満額  付加年金 2000年9月〜2013年9月= 139月
二 階 年 金 内 訳
期  間
勤 務 先
年 金
月 数
事 情
1964年4月1日〜66年12月プリンス・日産自動車
初任報酬月額10,000円
厚生年金 33ヶ月試用・正社員として入社したの
で、同時に
1967年1月〜2月学業(立川高校定時制)
1967年3月〜68年6月各種アルバイト社会保険無し 16ヶ月
1968年7月〜69年6月国立音楽大学図書館社会保険無し 12ヶ月
 69年7月〜70年9月国立音楽大学図書館私学共済年金 15ヶ月市役所に国保加入申請をしたら
拒絶され(図書館に勤務してい
たことを告げたので)、暫くして
 70年10月〜71年3月国立音楽大学図書館社会保険無し 6ヶ月大学受験に専念するため、二部
(夜間)勤務に変更したので
1971年4月〜7月14日各種アルバイト社会保険無し 4ヶ月
1971年7月2?日〜73年6月日本英語教育教会社会保険無し 23ヶ月
1973年7月1日〜98年1月日本英語教育教会・BSS
最終報酬月額440,000円
厚生年金295ヶ月全旺文社臨時労働者組合を結成
して、要求を提出、暫くして

平成21年4月から、受給は6月より現在
年金決定通知書1,595,672円、共済年金額22739円
私的年金:投資信託配当金額≒月149887×12円


平成23年度 男性厚生年金最多人数帯 204-264万円 240万円以上の人は34%の361.7万人(男1015万人中、 私740万番 上に71.1%、 男女1484万人中、 私807万番 上に54.41%)・・低いです。


 全 期 間  406ヶ月(33年10ヶ月)=15歳(1964・4・1)〜 48歳10ヶ月(1998・1・31)
 全実労働月数 404ヶ月(33年8ヶ月)内訳は
  定職定時間労働 378ヶ月=33+12+15+23+295
    (社会保険・年金月数 343ヶ月=33+15+295  無社会保険・無年金月数 35ヶ月=12+23
  定職短時間労働  6ヶ月
  不定短時間労働 20ヶ月=14+4

平成25年5月1日・・480月全額払い込み済
(1)国民年金納付額170月=2,364,140円
(2)厚生年金納付額328月=4,935,643円、私学共済15月は不明

*モデル賃金が、月給ベースから年収ベースに変わりましたので 
ボーナス支給率は、1972〜1997年の26年間: 最高7.98ヶ月 (1994から激減)最低3.83ヶ月 平均 約6.54ヶ月(夏・冬)
         1973〜1993年の21年間(組合結成時と激減期を除外した平常期): 平均 約7.14ヶ月(夏・冬)退職前2年間は4-4.2ヶ月

注:旺文社グループ(故・赤尾好夫氏創立の資本グループ企業(株)旺文社・英語教育協会・英語検定協会、微差有)と私との賃金比較
 最高年収は
1991H4年度、42歳=年収6,723,449円が最高額・・・源泉徴収票の支払額。翌年669、601、625?、646万円と)


1991H4冬一時金
月:私-マイナス852,240円 冬期一時金:私1,389,190円(手取1,243,324円通帳記載)正社員1,958,415円(推測)
      これでも、大手出版社の中では下位でした。以後、衰退して 退職当時は、この半額位になりました
 月額基本給は 私347,000円/社員431,870円(89年英教直接雇用時比率85%でしたが、90年から年1.6%ペースで減少、金額は増加)
 冬期支給率は 私(395%+20000+3F)/社員(450%+20000+3F)?大体こんな感じ(395/450の比は少しづつ縮小 F=家族手当)
 
現在の生活水準は名目で、1992H4年11月の給与・手取264,184円(通帳)と同程度で維持しています。

公務員との比較:23歳〜48歳の期間総収入を比べて高いか低いか・・・大企業の平均給与がほぼ公務員給与に反映されるので。

自 分:過去の年収を厚生年金「平成11年再評価率」で計算し直して、現在価値を求めました。(以下の数字は再評価後の数字です)
公務員:勤続10、15、20年の モデル給与から、定期昇給した場合を想定し、各年齢の年間収入を割り出して、23歳〜48歳の期間総収入を求める。
 
英語教育協会 長期直接不(非)正規雇用    英協・SC(BSS)派遣間接正規雇用 英協・SC(BSS)派遣間接正規雇用
1972(23歳)〜89(40歳)1990(41歳)〜91(42歳)1992(43歳)〜97(48歳)
基準給は職員基本給の85%基本給は旺文社員基本給の84→81%基本給は旺文社員基本給の80→??%
年収:私・自分>公務員 高い年収:私・自分>公務員 高い年収:公務員>私・自分 低く格差拡大

2019年6月 再検算 労働組合結成要求提出後からの計算 
1973〜1998年の26年間総収入 11,840(再評価後15,410)万円 手取9,791(再評価後12,697)万円 退職時基準 
再評価後  ∴自分(退職金込)<大卒公務員(約15,500万円)

*再評価率:1975年の標準報酬月額が(1-6月 86000円、7-12月110000円)の場合、その後の物価・賃金上昇により割安になり、そのまま使用出来ないので、現在の物価・賃金水準に修正する必要が生じ、それに見合う倍率をさす。
そこで、再評価計算:(86000*2.82*3+86000*2.41*3+110000*2.41*6)/ 12=244754円を”1975年の標準報酬月額”として扱い、平均標準報酬月額の算出基礎にする。 比例報酬年金額=(標準報酬月額の平均*7.125*保険料納付期間*1.031) / 1000
 上記の考え方を応用して:1975年年収=180万円とした場合 
2001年年収=180*(2.82*3+2.41*9)/12=451.8万円・(1) 物価スライド・生活水準維持(75年の約1.79倍)で換算:180*1.79倍≒322万円・(2) (1)ー(2)=賃金スライド・生活水準向上分となる
2.82倍は年4.24%で、2.41倍は年3.73%で各々24年間運用した場合の現在価値に相当し、1975年当時の資金を金融機関に預金をして、利子が付いて現在受け取ると、(1)に近い数字になるのでは。・・・金利に気を付けて運用していれば (1)を上回り、疎かにしていれば下回り、普通にしていれば同じ位になる ?。
(注:実際は、そのまま当てはまりません。給与は、運用目的の資金ではなく、生活費用に充当する資金です。 資金すべてが資本になるわけではありません。・・・しかし、資金価値の評価方法は・・・。・・・資金のほぼ、1/3を資本として運用してきました。)

*公務員給与は2003年の中野区配布紙(新聞折り込み)より・・・推測ですので「正確かな」というところです。
   (例 40歳年収 690万円前後  48歳年収 810万円前後で試算)
*保険料率その他の数値は、資料と記憶で算出したもので雑把な数字です。


将来・老後の生活安定のために、貯蓄目標を明確にする 漠然としたものでは気がゆるみ達成できない。 

以下は、金融広報中央委員会資料(2004)より推測した私の作文です
手取年収貯蓄割合 <5%5=<10%10=<15%15=<20%20=<25% 25=<30%30=<35%35%=< 貯蓄なし
年収平均449.4再評価後598.1万円
手取平均367.8再評価後490万円
8.6%
19.8%
29.2%
7%
6.6%
1.5%
2.9%
1.6%
19%


目標:60歳までに一億円を貯めること・・48歳退職で挫折、資産約5080万円で終り(投資の失敗 1000万円)
*25年間-35%割合 1.6%37年間-25%割合 6%37年間-10%割合 48.8%
4000万円 実手取の45%
単身者ならこの位は
3000万円
扶養1人ならこの位は
1200万円
扶養3人ならこの位は
平均家計全資産は4600万円位?
・・「余計なお世話だ」という声も

*24歳に預金通帳を作ってから。実際は41%割合 ゴルフ会員権・商品先物・株・貸倒れなどで1100万円位の損失(取り返しのつく若い時の失敗です)。損失がなければ6200万円(退職金+100万円位・・ 40歳の状態が60歳まで継続してれいば、60歳には1億円達成・・崩壊した夢・・社会の浮き沈み闇!!・・ですが、予測してましたので危機感に駆られて資産約5040万円は出来ました)

年 代生 活 水 準資産と運用 その他 記憶曖昧誤差500万位
20歳代月給-(日2000円*31+ 家賃+ 公共料金他)=貯金半年ボーナス-10万円=貯金 8% 収入が増えても生活水準を上げない
(後で、下げることは難しいので{大卒初任給程度で、贅沢は敵}・・・結果として貯金額が増え資産が・・・)・・・金利生活が目標(好きな仕事なら別)
4.5畳台所付トイレ共同 年約140万円貯金+金利資産1200万円位 20代は預金金利が高い 8%位を定額10年を15年にする方法で
大台を越えると気持ちの持ち方が変わる
30歳代月給-(日3000円*31+ 家賃+ 公共料金他)=貯金半年ボーナス-15万円=貯金 個人年金全期前納一括払い 
一例:1987年158.8万→2008年から50万×10年=500万円(5.5%→1%)時に解約返戻金2倍以上
6畳台所3畳トイレ付 年約240万円貯金+金利 8%位を定額10年を15年にする方法で資産4500万円位 株損、 日経平均18000円に上がり高すぎると思い中止 後バブル 後ハジケテ破綻
40歳代月給-(日4000円*31+ 家賃+ 公共料金他)=貯金半年ボーナス-20万円=貯金 4000万を超え、41歳:金余りで運用先に
(勧められ)ゴルフ会員権760万円  
6畳3畳台所3畳トイレ付 年約180万円貯金+金利資産5000万円位 
50歳代月28-31万円(日4000円*3?+ 家賃+ 公共料金他+ 旅行費+ 備蓄)資産4200万円位 ゴルフ会員権破綻他で減少 年備蓄-経費=キャッシュフロー100万円位(不意の出費に対応出来るように)
59歳賃貸アパート6.2万円 配当金手取り約28万円+旅行券6万円≒月計34万円 (日4000円×30 + ***)備蓄(貯金)月2万円 毎月の生活に影響を与えないで資金調達が自由なキャッシュフロー110万円以上確保 超える分は自分にご褒美でチョット贅沢に
61〜66歳賃貸アパート6万円  配当金29.5万円+公的年金6.3万円≒月計35.8万円 (日5000円×30 + ***)
66歳〜賃貸マンション8.5万円  配当金32.7万円+公的年金13.4万円≒月計46万円 (日5000円×30 + ***)最終資産200万円位に 関係者に迷惑をかけたくないので
70歳〜賃貸マンション8.5万円  配当金減少15万円+公的年金13.4万円≒月計34.9万円 (日4000円×30 + ***)最終資産200万円位に 関係者に迷惑をかけたくないので
*1987年前納一括払い158.8万→2008年12月から50万×10年=500万円 5.5%?  前納保険料運用利回りが数年前に一方的に1%に低下させられたので年払に変更し完納後に解約・・払込保険料1,776,380円、解約返戻金等 4,036,982円 1.年金支払いが開始されると解約が出来ない 2.税保険負担分の増額、実質利回りが低い、 3.資産運用すればより高利回りが十分に期待される 4.為替レートが円高水準にある・・

生活設計1〜2年先3〜5年先10年先20年先20年以上先無回答資金計画はある今後は立てる立てない無回答
年収5〜750万円
6.1
25.2
39.4
15.2
13.2
1
51.6
39.4
9
0
20歳代
11.4
40
31.4
11.4
5.7
0
48.6
51.4
0
0
30歳代
9.3
29.8
31.1
12.4
14.3
3.1
39.1
56.5
4.3
0
40歳代
7
27.9
34.6
15.4
12.1
3
41.9
50.3
7
0.7
50歳代
5.9
21.5
33.8
18
18.4
2.4
47.3
45.6
6.9
0.2


(勤労して得た所得・資産を運用し、(私的+公的)年金生活 将来の見通し)

「宮本武蔵は四十歳までに金を貯め、あとの二十年はそれで暮らしたそうだ。人というのは意外だな」柴田錬三郎、 三和銀行ポスターより

2000年5月7日 イタリア ミラノ市内 スフォルツェスコ城 ロンダニーニのピエタ左右側面、
城内市立博物館 ミケランジェロの未完で遺作「ロンダニーニのピエタ」。
左:キリストを助け起こそうとするマリア、 右:マリアを背負うキリスト、左から右へ移動しながら見ると!!。二体あるように見えますが一体です。・・・天才と言われる所以では
キリストの顔がミケランジェロに似ていると言われている。
ピエタ:マリアがキリストを膝に抱いて嘆いている姿を表す彫刻・絵画(磔の後、降ろされたとき)
1/20秒 F4.0解放 雰囲気をだすには自然光で 
*ストロボ禁止と撮影禁止とを区別  ストロボ禁止:フラッシュの光から紫外線が出て文化財を痛めるので。

検索の方矢野'ページ