被爆「あの子らの碑」、イエス・マリア像、平和祈念像 組写真


退職から22年を経過しました 現状と今後の生活基盤の見通し 関連・経済基盤年金
誤記に気付いたら随時訂正します 

計算期間=1999/2ー2020/3の21年2ヶ月です・・・会計年度(4月〜翌年3月)に合わせました
1998/2 退職時約5040万円 資産運用と失業保険(2607000円)終了後、 1999/1.31約5080万円  退職してから21年、雇用保険が切れてから20年以上経過しました。 98年は資産増加しましたので、99年基準としての計算としました。

1999/2ー2020/3.31(70歳まで)支出総額約7,053万円(消費総額6674万円)、2020/3.31資産2364万円(≒$276.748ドル)≒元本資産(約1,609万円)+ 国民年金保険料2,364,140円(年金額が増えますので資産の減少ではありません。退職後、将来見通しが立つまでの31ヶ月分は免除申請、後に追納)。 旅行代金総額約1,533万円・・総資産2364万円(

2013年度決算〜2020年度予算
2015/4ー2020/3
年金134,755円>生活必要固定費=合計125,434円≒家賃+光熱水道+通信+医療+税保+通販食品等=を公的年金で賄える。: その他 旅行飲食消費財≒投資信託配当金等 普通配当金が出れば、海外旅行も ・・・円安大歓迎・・近視眼的短絡思考?・  

2020年度予算月額255000円

2019年度決算(70歳から)支出総額≒278.3万円(月額≒23.19万円)
2018年度決算 支出総額≒343.9万円(月額≒28.66万円)
2017年度決算 支出総額≒366.6万円(月額≒30.5万円)
2016年度決算 支出総額≒363.5万円(月額≒30.2万円)
2015年度決算 支出総額≒505.86(448.8+57)万円(月額≒37.4万円)引越=37+20
(関連・年金)

投資対象:米ドル建て新興国の債券と対豪ドルで為替金利差を利用を主に   FX取引をしたことがありません。 

2014/3 昨年は高金利の新興国BBB国債も含めスイッチング2010/7,8月に全銘柄゙乗換え(通算譲渡損失(2010年) 839万円 投資額2841万円 2013年度通算で損失解消、(損益通算が翌年からも3年、計4年可能・・うまくいきました)  基準価:売却しないでも生活に困らない程度に余裕資金を当て(生活は円資金なので確保しておく)、長期保有して利益が出るまで数年持ち続けられるように、経済社会変動に臨機応変です。

総務省2014平均金融資産(2人以上所帯) 60-69歳 2478万円 負債213万円

1999/2ー2020/6(48-71歳)
当初資産額 5080万円+年金1430+685万円≒7195万円-支出総額7118万円≒77万円となります。
 投資資金信託額≒約3625万口( 10000口に配当金20〜60円)個人元本1633万円 基準時価1265万円(コロナ他等で激減) 元本総資産は2335万円ですから2335-77≒2258万円(運用益 節税対策等運用先変更で損失大)が資産運用益(退職前損失1080万円)。銀行預金約500万円位、 通貨制度崩壊に備えて 金約220g1980年購入4000円位で、1$240円 退職後平均年利約3.448% 所得月額約90518円となります。 


配当税込(配当金164,219+年金134,867=月299,086円 年358.9万円) 平均 年金70歳≒=13.48万円

2020/3作成 
基準価格、徐々に減額 ・・配当金60→10円(税率20%) 
  65歳平均余命:19.29年(統計的には単身者は数年短いそうです)

年金額減少
   250,000=70〜体力減退に伴う支出減少〜82歳3ヶ月≒250000円=消費支出上限 ・・(以降は公的年金) 

3/末資産総額円レート口座口数
1999$423.439120.0?
2000$467.275105.3?
2001 $378,089125.3?
2002 $344,047132.7?
2003 $369,106119.0?
2004 $405,350120?
2005 $376,16610439,284,356
2006 $325,262107.1預150万円位
2007 $307,663117.7
2008 $342,14499.8リーマンショック
預150万円位
2009 $321,82599.1ユーロー危機
預200万円位
2010 $325,21893.329,219,970
預200万円位
2011 $355,03882.925,812,370
預250万円位
2012 $$376,08782.825,228,109
預300万円位
2013 $333,56394.2預350万円位
2014 $293,434103.226,036,028
預350万円位
2015 $242,576120.130,376,755
預200万円位
2016 $240,162112.5832,435,025
預200万円位
2017 $233,390111.3932,435,025
預200万円位
2018 $235,374106.2735.930.761
預250万円位
2019 $216,790110.8135.930.761
預300万円位
2020 $219,28510836,722,680
預500万円位
支出総額1999.2-2020/.3 約7231万円 平均運用利回3.44% (昨年ドル数字と違いますが、便宜上通算換算をし円数字は概算 2020/3個別資産2364万円2013以前は記録の紛失などで曖昧


月毎の収支計画たて、物価・金利・為替など、経済情勢・市場動向を考慮して、シュミレーション出来るプログラムを作り、月あたりの支出額を算出します。その月額の範囲内で生活をしています。・・・表計算ソフトが不可欠です。


関連・経済基盤年金

2002年5月23日  浦上天主堂(被爆で全焼全壊)- 如古堂・長崎市永井隆記念館(長崎市名誉市民1号 長崎の鐘、他・・)-  山里小学校(被爆で死んだ、「あの子らの碑」・・)- 平和公園・平和祈念像(井の頭公園内、彫刻館に同型あり)- 
あの子らの碑(原爆により死亡した多数の児童達)
長崎市立山里小学校内
原爆により被害を受けたイエス、マリア像(浦上天主堂)
――あの日のある少女の手記から   後方は平和祈念像(平和祈念公園)

”手記”を学童がノートに書き写しているのを見て・・・パチリ
――あの日のある少女の手記から   後方は平和祈念像(平和祈念公園)

”手記”を学童がノートに書き写しているのを見て・・・パチリ

検索の方矢野'ページ